2235
chima*Diary

   ありがとう と、   
久しぶりにこちらに来ました。
ここに書き込むため、CGIをまたすっごく久しぶりにのぞきました。

一生懸命、このページを作っていた日々もあった。

時間は絶え間なく流れています。



さっきまで、具合が悪くて、それでPC開いて

落ち着こうと思って気がついたらここにいました。

ちまたん、懐かしい。

懐かしいという言葉もまた哀しく。


とかち。

カノジョと出会って、今年の夏で21年。

とかち・・・名前を呼ぶのも苦しいな。



濃密な時間を過ごしてきたね。

一緒にいられて 幸せだったよ。

そしてこれからも、ずっと続くよ。



とかち、ちま、

ませちゃん、ぽぅちゃん。

虹の橋を渡ってしまって、いまは、みんな一緒なのかな。

そこで待っていてくれるよね。

いつか、また 会える日を楽しみにしているよ。


だいすきよ。



Date:2013/06/18(Tue) 02:51 No.34


   もう15歳すぎ   
ここは一年ぶりの日記。
主に、ちまたんの体調について書いてきた。
後で読み返すとかなり役立っている。
さて。
一年ぶりに、ワクチンの時期となりました。
そろそろ病院へ、と思っていた矢先、ちまたんの様子が少しおかしいのが気になりました。
朝、ごはんおくれニャーの声がガラガラになっている。
留守番のあと、飼い主がソファーに座ると体にのっかってきて寝る。そして呼吸がゼコゼコしている。

風邪かな?さみしんぼ病かな?
慢性気管支炎を持つ猫さんだから、呼吸が荒いと心配になる。
そしてちまは、私の体の上で少し咳き込んだ。

息子も 病院へ連れて行こう!と心配しているので、一緒に動物病院へ連れて行った。病院へも電話連絡をしてから。

平熱ではあるが、少し呼吸が荒いそうで、まず飼い主である私が様子がおかしいと思ったことが大事であって、今後の様子をしっかりみていて欲しいという話になり、なんの処置もせず帰宅した。
もし風邪なら、抗生物質を注射することになる。

帰宅してキャリーの扉をあけると ちまたんは勢い欲飛び出して、ばくばくご飯を食べた。そしてトイレも済ませてソファーでゆったり寝る様子。
ちまたんの襟元をなでながら安心しつつも、年をとったなぁ、と感じたのは事実。
大事にしてやらないとね。
Date:2008/03/28(Fri) 19:37 No.33


   近所の病院へ   
昨日、近所にできた動物病院へ行ってきました。徒歩5分という便利さ!しかも診察してくれる日が多い(日曜日は予約で診察可能)
なんやかんやで二年ぶりのワクチン注射を済ませることができました。
昨年は、注射の時期に肛門腺が腫れて受けられず、しかも近所の動物病院が閉鎖してしまったので伸ばし伸ばしにしてしまいました。
そして、軽い健康診断の結果、ちまはなんと5900gにまで成長していました・・・!なんだか重いと思ったんだよね・・・。かなりやばやばです。
あと、先生いわく、「腎臓を触診しようとがんばりましたが、無理でした。」
ちまたんの肉布団はかなり厚いらしいです。
ゆるやかにダイエット宣言をここにいたします!!
Date:2007/04/03(Tue) 09:14 No.32


   3月はおしり注意月間   
気をつけていたのに、ちまぽん、またまた肛門腺が炎症を起こして破裂していました。
あぁぁぁ・・・。
んっと、毎年3月にお尻、イタタになっちゃうんですよね。
ま、皮膚が再生するすっごいお薬を持っているので、それをつければ一週間もすると完治するでしょう。
そして毎年飼い主のほうはこの時期、花粉に泣かされているのでした・・・。
頭がいたい。
Date:2006/03/17(Fri) 21:31 No.31


   ちまたんへ   
ちまたん、いつもありがとう。
にゃーって鳴いてくれてありがとう。
ばくばく元気よくご飯を食べてくれてありがとう。
いつもここにいてくれてありがとう。
やわらかいちまの存在がとっても頼もしい。
これからもずっとずっと ここにいてください。
Date:2005/12/28(Wed) 00:30 No.30

+1++ 2+ 3+ 4+ 5+ 6+ 7+

Master only  No: Pass: 

+-- Original script by KENT --+
+-- edit by Aikon's CGI Kitchen --+